80年代・昭和レトロ少女漫画と趣味のお部屋

手描きイラスト、少女漫画、ハーブや紅茶等色々な趣味の話をします。

「翔んで埼玉」原作者・魔夜峰央作品のお話③

どうも、MintMilkteaです。

今公開中の映画「天気の子」が気になります。

近々観に行くかも…。

 

ここでは「アスタロト・クロニクル①、②」

への思い入れを語っていきたいと思います。

f:id:MintMilktea:20190723190627j:plain

アスタロト公爵と運命の再会☆

コミックス「翔んで埼玉」を購入したのと同時期に、ネットで発見。

それはまぎれもなく、幼い時に一目ボレしたイラストの、

アスタロト公爵でした。(前々回ふれました)

 

91年に連載開始していたんですね。

当時はインターネットなんて無かったし見つけられなかった…。

アスタロト・クロニクル」①、②とももちろん購入。

やっと会えた公爵~。

キャラとしては悪魔なのに単純で親しみやすいんですね。

巻末のパタちゃんも久しぶり~。

 

アスタロトシリーズは、1974年に投稿作として描かれてから、

現在も完結していません。

魔界と人間界を行き来し舞台となって「魔界の大公爵アスタロト

達が活躍する物語といえます。

    ↓う、美しい~。

f:id:MintMilktea:20190724084901j:plain

 出典:アスタロト・クロニクル公式アカウント「魔夜の娘はお腐り咲いて」

https://twitter.com/astarotmaya/media

 より引用

・ページ下部に楽天ブックスのバナーあります。

 

 

また、公爵の周りを取り巻く悪魔達は相当グロテスクな姿が多いです。

でも私には彼らがとても美しいものに見えるんです。

グシオンとかデカラビアとか。

パイモンは本体がかわいいです。(断言)

そう思うの私だけではないですよね…?

 

魔界はとても美しい所だと思います。

何というか、表裏が無い、というより裏しか無い、みたいな潔さ。

一点の曇りも無い悪は時に美しく見えます。(でも公爵は性格優しいですね)

自分に縁が無い世界だから余計に、かな?

 

f:id:MintMilktea:20190724091840j:plain

 こちらは自作イラストの妖精。解像度低いです。

 

魔夜先生は、妖怪もだけど悪魔に造詣が深いです。

きっとデビュー前から描きたくて仕方ないテーマなのでしょうね。

アスタロト公爵の話をたくさん読みたいです。

ずっと描き続けてほしいですね。


次回はうって変わって、好きな食べ物という超ベタなテーマ。

特にチーズを中心に語ろうと思います。

 

つづく。

 

f:id:MintMilktea:20190716220207j:plain

↑こちらはPIXTAの同じ画像。

M-M-T-14'S GALLERYさんの作品一覧 | ハンドメイドマーケット minne

 ミンネにポストカード出品中です。

よければポチっとしていただけると嬉しいです。


最後までお読みいただきありがとうございました。

 

アスタロト・クロニクル 1 (小学館クリエイティブ単行本) [ 魔夜 峰央 ]

価格:2,052円
(2019/7/24 12:09時点)
感想(5件)

楽天では電子書籍も取り扱っています。

 

 

 

 ↓いつもありがとうございます!応援のクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村